タレントを活用した新しい宣伝手法について

カテゴリー:PR関連

先日、ある所属事務所のタレント20名を使った

画期的なPR&販促手法の話を

関係者から伺う機会がありました。

 

結果的に、売上は実施前の7倍以上に増え、

事務所に入ったギャラも通常の契約の2倍以上

の額になった、とのこと。

 

クライアントのメリットと事務所のメリット、つまり、

双方にとってのメリットがマッチングした時に

この手法や有効ですね。

 

特に販路の多いクライアントには刺さるだろうね。




投稿者:PRマン : 2012年4月30日 16:33 : コメント トラックバック

タレントとローカルメディアを使って、安い費用で効果的にPRする手法

カテゴリー:PR関連

企業によっては、商品やサービスを広く世の中に知ってもらいたいが、

 

有名タレントと広告キャラクタ―契約するほどの予算の余裕もない。

 

でもサービスや商品の認知は高めたい!

 

という会社がかなりあると思います。

 

その中で有効な手法としてタレントとローカルメディアを高めたPR手法がありますね。

 

弊社でも先日、その方法で非常に効率の良い訴求が出来ました。

 

要はやりようですね♪

 

投稿者:PRマン : 2012年4月30日 16:28 : コメント トラックバック

ソーシャルメディアを絡めたPR依頼が増えております。

カテゴリー:PR関連

Facebook,Twitter、自社ブログ、自社HP、Google+、mixiページなど自社サイトと

ソーシャルメディアを絡めた案件が急激に増えております。

投稿者:PRマン : 2012年2月 6日 14:10 : コメント トラックバック

Facebookアプリ 海外事例

カテゴリー:

日本でもアクティブユーザー数が500万人を超え、UUベースでもついに1,000万UUを超えたFacebook

私も利用していますが、今日はそのFacebookでのアプリの海外事例で面白いものを見つけました。

Robbins Brothersという、アメリカの婚約指輪販売店のFacebookページで、
Facebookとリアルを連動させた「Share the love」キャンペーンです。

ユーザーがRobbins BrothersのFacebookページで「いいね!」をし、
キャンペーンのアプリページで、パートナーへのラブレターを投稿すると、、、

なんとカリフォルニアの高速道路に設置されている大きなデジタルサイネージへ表示される、

というものです。

早速私も投稿してみましたが、何日か経って、Robbins Brothersからメールが!

見てみると、私の投稿がデジタルサイネージに投稿された際の様子が写真に撮られて送られてきました!

これをそのままFacebookに投稿することも出来ますし、
パートナーにシェアすることもできるようです。

これこそ、人の感情に沿って設計されたうまいアプリで、Facebook上で多くの人にシェアされ、
高速道路上でデジタルサイネージもあるので、波及効果もありますね。

Facebookページ上でこれまでに表示された投稿の写真が掲載されていますので、
もし迷っている方はご参考にしてみてはいかがでしょうか?

投稿者:PRマン : 2011年11月25日 20:17 : コメント トラックバック

ad:tech tokyo 2011

カテゴリー:

先週木曜、金曜日にプリンスパークタワーで
ad:tech tokyo 2011が開催されましたが、私も金曜日に参加してきました。

本職とはあまり関連性は無いと思われるかも知れませんが、
Facebookなどのソーシャル関連の取り組みについては、
PRとも関わりが深いこともあり、情報収集がてらでした。

行って感じたのは、熱気がすごい!
広告業界の先端を行くテクノロジーの結晶がわんさか。
前向きな魂のカタマリのような方々が沢山いらっしゃる。

この業界自体を、うまくPRしていければと感じたイベントでした。
投稿者:PRマン : 2011年10月31日 21:46 : コメント トラックバック

最初の握りの大切さを実感!

カテゴリー:PR関連

PRは不確定要素が高いが故、曖昧な感じでは進めない方が良い。


広告ですと、露出のイメージや時期についても想定がつきますが、
PRは全て未決のまま動いていきます。


ですので、実施前の握りが何より重要です。

 

オリエンの段階で、そもそものこの施策を実施する意図を共有し、
各施策の目標や結果の落とし所に関しても確認する必要があります。

それが曖昧なまま進むと結果的にクライアント満足度が低くなってしまう。

 

要は最初の握りが大切である、という事ですね。




 

投稿者:PRマン : 2011年5月23日 17:44 : コメント トラックバック

テレビ番組で自社の商品(サービス)を取り上げて貰いたい企業の心得!

カテゴリー:PR関連

テレビ番組に自社の商品(サービス)を取り上げて貰いたいのですが?。。。。

 

という依頼内容が非常に多くなってきている。

 

ここで大きな勘違いをしている企業が非常に多い。

 

テレビPRはテレビCMと違い、費用を出せば必ず露出して貰えるものでは決してない。

 

テレビPRとして番組内での露出を狙いたいのであれば、まず、テレビ局の番組制作をしている方々が

何を求めているのか?という事実を認識する必要がある。

 

端的に言うと、彼らが求めていること=視聴率

 

である。よって、クライアントは自社商品(サービス)を視聴率が取れるコンテンツに加工して

番組関係者に持ち込む必要が生じてくる。

 

そもそも、魅力のない商品(サービス)の場合、どんなに費用を使っても

露出が確保できない、という場合も有りうる。

 

逆に魅力のある商品(サービス)の場合は、どんどんメディア露出が確定する

ということもしばしばある。

 

テレビ番組へのアプローチ方法も知っている人と知らない人では

露出の確保という面で、結果的には天と地ほどの差が発生する。

 

詳細は企業秘密なのでお伝えできませんが、ノウハウを持っている会社(担当者)に

依頼し、中長期スパンで対応することが肝要です。

投稿者:PRマン : 2010年10月 4日 12:02 : コメント トラックバック

テレビで紹介して貰う事の価値について

カテゴリー:PR関連

しばしば企業の担当者から「テレビで自社の商品(サービス)」を紹介して貰えないか?

 

という依頼を受けます。

 

特に、2~3ヶ月は、テレビPR案件が増えております。

 

ただ、テレビCMとは違い、テレビPRは、あくまでも番組を創っている側のメリットのある情報として

調整していかないと上手く露出にはつながりません。

 

その分、露出がハマった場合、1回の露出でその企業の1年間の業績が

大きく変わってしまうほどの価値があるのも事実です。

 

要は情報の出し方とタイミング、情報を出す相手の選定が大事なんですね。

 

今も複数の案件で奮闘中。。。。

投稿者:PRマン : 2010年7月 1日 16:45 : コメント トラックバック

書籍のPR

カテゴリー:PR関連

1月末に、3月1日から発売になる某書籍のPRの依頼を受けました。

 

訴求したい対象は、ズバリ女性です、との事。。。。

 

既に依頼を頂戴したのが1月末なので、書籍の発売日前に

女性誌の露出を確保するのは物理的に困難であることを説明。。。

 

ご納得頂いた上でPR活動に入っております。

 

3月8日からは、その書籍の拡販の為の別プロモーションも始まります。

 

昨日、実際に強化したい書店にどのように本が置かれているのか?

確かめるべく、手分けして書店を訪問しました。

 

書店によって扱われ方は違いましたが、総じて良い棚割で

目立つ場所に平積みになっていたので一安心。。。。

 

女性誌の露出が今後2~3ヶ月の間で順調に増えて

その書籍の販売部数が順調に伸びていく事を心から願ってます。

 

前向きに人生を生きたい女性には本当にお奨めの本です。

 

投稿者:PRマン : 2010年3月 3日 00:56 : コメント トラックバック

化粧品会社のPR活動

カテゴリー:PR関連

今、某化粧品のあるブランドのPR活動全般に長期的に関わってます。

 

その中で痛感している事。。。

 

「化粧品のPRって本当に難しいなぁ~」という事です。

 

国内の大手メーカー、海外ブランドも含めて、世の中には化粧品って山ほどある中で、

自分がPRしているそのブランドを使って頂く為の動機付けを増やしていく作業って

何十万ピースもある天文学的な数のパズルを埋めていくような業務になっている。

 

PR手法だけでも

 

・テレビPR

・新聞や女性誌へのプレパブ、インフォメーション欄を活用したパブリシティ

・美容ライター、スタイリスト、女性カリスマブロガー、芸能人ブロガーなどを巻き込んだインフルエンサ-施策

・メディアキャラバン

・芸能人を巻き込んだイベント

・学会を後ろ盾にした成分訴求PR⇒その成分が入った商品PR

 

などなど非常に多岐にわたっている。

 

しかも、継続的に主力メディアに対してはコミュニケーションし続けないと

化粧品におけるブランド構築は極めて難しい。

 

ただ、遣り甲斐は凄くあるのでPRマンとしては腕の見せ所が

満載の案件であり、正直楽しい。

 

来月から再来月にかけて、山場を迎えるだろうなぁ~

 

 

 

 

投稿者:PRマン : 2010年3月 3日 00:42 : コメント トラックバック

ページトップへ戻る